[神戸 八百屋] 一般野菜・西洋野菜・果実のことなら福田商店にお任せ下さい。

TEL:078-221-2551

新着情報

  1. HOME
  2.  › 新着情報

新着情報

Get Adobe Flash player
このコンテンツはFlashを使用しています。閲覧するにはFlash Player 9以上が必要です。

店主からのひとこと 今が旬の野菜と珍しい野菜の紹介です。

 千枚漬けに多く使用されている「聖護院かぶら」です。重さは2・3kgほどもあり、日本一大きいかぶらになります。甘みがあり、柔らかくとっても美味しいですよ。味がしみ込みやすいので煮物に大変適しています。葉もやわらかくビタミンやミネラルなどが豊富に含まれていますので、捨てずに活用してくださいね。

野菜・果実のことなら神戸の八百屋 福田商店へお任せください。

お問い合わせはこちらから


 地上から頭を出している姿が筍に似ていることから「筍芋」と呼ばれています。京芋ともよばれ、前回ご紹介した「海老芋」も京芋と呼ばれているため、紛らわしいのですが、物は全く別物になります。

 肉質がしっかりとしており煮崩れしにくいにのは、「海老芋」と同じです。おでん、煮物のほかに揚げてもホクホク感があっておいしいですよ。

野菜・果実のことなら神戸の八百屋 福田商店へお任せください。

お問い合わせはこちらから


 表面に縞模様があり、海老のように曲がっていることから「海老芋」といわれています。粘り気があり、煮込んでも荷崩れしにくいのが特徴です。おでんや煮物に適しています。

野菜・果実のことなら神戸の八百屋 福田商店へお任せください。

お問い合わせはこちらから


2014/08/01

枝豆の王様

山形県の鶴岡の特産品で、 枝豆の王様と言われている「だだちゃ豆」です。

小ぶりでサヤが茶色く、クビレが深いのが特徴です。

肝機能の解毒作用を助ける働きをする「オルニチン」がシジミの3から5倍もあるとのこと。ビールのお供には最適ですね。

食べた主運感に口いっぱいに広がる深いコクと甘さを是非ご堪能ください。

野菜・果実のことなら神戸の八百屋 福田商店へお任せください。

お問い合わせはこちらから


  夏の代表的な京野菜「万願寺とうがらし」です。京都の舞鶴、万願寺地区で収穫されたことからそう呼ばれるようになりました。

 ピーマンと肉質は似ていますが、青臭さはさほどしません。

 形が唐辛子のように細長く、15センチ位の大きさがあります。特徴は果肉が大きく、厚みがあり、柔らかく、種が少なくて食べやすいことです。煮ても炒めても焼いても美味しくいただけます。

野菜・果実のことなら神戸の八百屋 福田商店へお任せください。

お問い合わせはこちらから


  皮が紫色で目が赤く外観が覆面をかぶったように見えるため、製作者が以前活躍した覆面レスラーに因んで「デストロイヤー」と命名されたそうです。

 特徴は、「シャドウ・クィーン」や「レッドムーン」と同様に肉質に粘りがあり、甘味が強いところです。長時間煮込んでも煮崩れしにくいので、肉じゃがやカレー、シチューなどに最適です。

 

野菜・果実のことなら神戸の八百屋 福田商店へお任せください。

お問い合わせはこちらから



このページの先頭へ

Copyright © 2018 fukuda-shoten all rights reserved.